PDの暇つぶし

suigeiPの2ndバージョン。ポスドクとして研究やってて思ったこと。あとスターウォーズ。

カンブリア宮殿で取り上げられた飲食店・ホテル・サービス

カンブリア宮殿で取り上げれた飲食店やホテルをメモっておく。
いつか行けたらいいな。


飲食店

URL:http://www.saza.co.jp/
茨城県 ひたちなか市水戸市大洗町つくば市
東京都 千代田区丸の内、JR東日本品川駅構内、世田谷区東急二子玉川ライズ・フードショー内
埼玉県 JR東日本大宮駅構内
(2019年01月17日放送)

  • 一万種類の品揃え 二木の菓子

URL:http://www.nikinokashi.co.jp/
東京都 台東区アメ横、足立区、墨田区ソラマチ
埼玉県 草加市所沢市
千葉県 柏市
(2019年02月07日)

  • 絶品鶏 華味鳥 トリゼンフーズ

URL:https://www.hanamidori.net/
いろいろな店に卸しているので探せばどこでも食べられる。
(2019年03月14日)

  • 劇場型グルメ回転寿司 銚子丸

URL:http://www.choushimaru.co.jp/
東京、千葉、埼玉、神奈川
(2019年03月21日)


その他

アールシーコアURL:https://www.rccore.co.jp/
ログハウスBESSのURL:https://www.bess.jp/?_ga=2.149017712.751333051.1554121348-2091953406.1554121348
全国に44件の展示場あり。
(2019年02月28日)

  • 旬の絶品が付録の情報誌 食べる通信

URL:https://taberu.me/
おおよそ一冊3000円。

食べる通信が作った農家・漁師から直接買えるアプリ ポケットマルシェ
URL:https://poke-m.com/
アプリもあり。
(2019年02月14日)

Latexの覚え書き

  • 改行したくないスペースは~をいれる


Ex:3~eV、I.~Suzuki

  • ラベルを表示


\usepackage[notcite]{showkeys}


\begin{table}[tbp]

\begin{center}

 \caption{}

 \scalebox{0.85}[0.85]{

 \begin{tabular}{cccccc}\hline
 
  1 & 2 & 3 & 4 & 5 & \\
 
  1 & 2 & 3 & 4 & 5 & \\ \hline

1 & 2 & 3 & 4 & 5 & \\ \hline

\end{tabular} } 

 \label{} 

 \end{center}

\end{table}

  • 文章中にRef.12とか書きたいとき。

\citen{refのラベル}

もしくは

\onlinecite{refのラベル}

高級コンデジ購入に役立つレビューや記事

高級コンデジが欲しい、と思うようになってきた。
フルサイズの一眼レフを持っているのだが、さすがに重すぎるし、でかずぎる。
ふと思ったときに街をぶらぶらしながら写真を撮りたい。
ということでいろいろなレビューや記事を参考にコンデジを購入した。
以下に参考になったレビューや記事をまとめておく。


特に一番下がおすすめ。
これらを読んで、結局ソニーのRX100M5Aをヨドバシのタイムセールで購入しました。
(いつかリコーのGRIII試してみたい。)
とりあえず、万能機を買ってたくさん撮影してみようと思う。

博士の審査終了まで

博士取得までの道程をメモっておく。

D3(2017年度)

0411:中間発表をする(時期が遅すぎてもはや中間ではない)

06XX:審査申請書類を事務に提出

07XX:博士論文用のTex環境を整え始める

07XX:投稿論文を投稿

08XX:学会を申し込む

08XX:審査の流れについて説明を受ける

本審査は遅くて1月
・予備審査は本審査の1ヶ月前
・博士論文を副査に渡すのは,予備審査の1ヶ月前
→ 遅くて、11月には博士論文完成

09XX:博士論文を書き始める

10XX:学会参加(2泊3日)

1102:投稿論文のレフェリーコメントが来る、論文修正

11XX:博士論文の主要な結果以外は書き終える.11月中に完成させなければいけないのに,議論を先延ばしされる

1108:ゼミで主要な結果について議論したい言ったら、最近の結果だけ報告してくれと言われる

1113:全体の結果について議論したいと連絡するも,4日後にやろうと言われる

1117:ゼミで報告も、反応がよくない

1122:投稿論文の直しを投稿

1122:博士論文の成果を列挙して送ってくれと言われる

1123:成果をまとめ、送る.定量的に評価しろと言われる
定量評価は仮定ばかりで無理だと思いながらも評価し、送る

1124:計算時の仮定に根拠がない,無理があると言われる

1127:2時間に渡って博士論文を提出できない理由について説明を受け、延期を決定

12XX:足りないデータを取り始める

03XX:実験を平行して行うために,装置を買ってほしいという


D4(2018年度)

0425:再度、審査申請書類を事務に提出

0427:学振PDも書き始める

0505:測定を外注する

05XX:そういえば、本審査は6月中にやらないといけないからと言われる
急いで博士論文を書き上げる

0514:注文していた装置が届くも、もう実験はやらない

05XX:学振PD提出
0515:外注した測定業者へ試料を送る、0601に結果を報告してくれるらしい

0521:審査の日程を決め始める

0531:外注した測定結果を博士論文へ入れてほしいとのことだったので、
0604に博士論文を副査に渡す予定になる

0601:業者から測定結果について報告が送られてくるが、
解釈が難しく、0604に再度連絡するとのこと

0604:測定結果が送られてくる、結果を入れることなく博士論文を副査に渡す
副査に渡したあとに博士論文に測定結果を入れて、
再度、明日、修正版を渡したほうがいいと言われるも、予備審査のpptが間に合わないと言って無視

0608:予備審査

0627:本審査

0706:博士論文の製本を依頼

0714:製本した博士論文を提出

--------------------------------------------------------------------------------------------

結局、データが不十分で半年、延びってしまった。
半年分だけ多く学費がかかってしまったが、DC2にD3で受かっていたので、
D4になってもDCのお金の十分賄うことができた。

必要ない苦労なし博士を修了するには、

  • 主力データを外部機関に頼らずに、自分の所属機関で自由にとることができる
  • データを取るのに時間がかからない
  • 指導教員と相性がいい
  • 後輩がいる
  • 成果を発表する場がある

が必要だと思った。

体組成計を買ってみた

一人暮らしをはじめてから体重計を持っていなかったので、

「体組成計」といういろいろ測定できる体重計を買った。

買ったのは「TANITA RD-907-BK」。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N426M7R/ref=asc_df_B01N426M7R2604105/?tag=jpgo-22&creative=9303&creativeASIN=B01N426M7R&linkCode=df0&hvadid=218134007452&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=13740847202025411891&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009224&hvtargid=pla-439772052406&th=1&psc=1
何回か使ってみたので、感想を書いていく。
 
良い点

  • 測定項目が多い。

測定できる項目は体重、BMI体脂肪率、筋肉量、筋肉スコア、筋質点数、
内蔵脂肪レベル、推定骨量、体水分量、基礎代謝率、体内年齢。
いくつかよくわからない項目があるが、タニタのHPに詳細が書いている。

体組成計の測定項目の見かたについて|健康のつくりかた|タニタ

ここまで項目がいらないって人は、他の型番(906や908)がおすすめ。
 

  • 測定時間

1、2秒で測定できるので楽。
 

専用アプリがあるので、そこに記録できる。メモしないていいので楽。

付属の説明書を読んで設定するだけ。アドレス登録が少しだるい。
 
悪い点

  • 素足にならないといけない

素足にならないと測定ができない。
仕方ないっちゃ仕方ないがめんどい。
素足になるタイミングではかったほうがいい。
 

  • とても高い

購入した907は最新作ではなく、型落ち。

19/2/12でヨドバシ価格で18860円で、最新の909は23940円。

ただ、いろいろ調べると907と909の違いはほとんどないらしい。
ちなみに908と906は測定項目が少ない。
 

  • データ測定に関して

タニタのHP(正しい体組成計の使い方|健康のつくりかた|タニタ)によると測定タイミングは食前かつ入浴前がおすすめとのこと。
ちゃんとしたデータを取るには、服装やタイミングを合わせる必要がある。

ちなみに服の有無で、体重で1 kg程度違いが出た。
服の影響につられてか、他の測定項目も大きく変わったので注意。


 
まとめ
毎日、寝る前に測定して経過をみようと思う。
1ヶ月か3ヶ月か、まとまったデータが取れたら解析して、
ここに載せようかと。

合成ダイヤモンドの番組を見て

イントロ 
2019年2月13日に未来世紀ジパングで放送された「合成ダイヤモンド」を見た。
工場で人工的に作られたダイヤモンドがようやく市場に出てきたらしい。
たまーにダイヤモンドを利用した研究を聞くので、
人工的なダイヤなんてもうできていると思っていたが。
 

  • 天然と合成の価格差

天然の2、3割の価格らしい。
そしてもう販売しているらしい。おおよそ天然の1/3の価格。
 

  • 合成ダイヤモンドの作り方

ある工場では基板に炭素ガスを吹き付けることで結晶成長させている。
 

  • 天然と合成の見分け方

プロが判断しても、もはやわからない。

すでに天然と合成を見分ける装置が開発しているらしく、
ダイヤにUV光を照射して、
天然は青で発光し、合成は発光しない。

天然には結晶内部に窒素が不純物として入っており、その影響で青で発光する。

番組では天然からの発光スペクトルには415 nmにピークを持ち、
それが窒素の不純物由来だと説明している。

そして、その装置は700万円。

 
感想
まず、天然と合成を見分ける装置について。

ダイヤモンドにUVを照射してその発光スペクトルを測定するのだが、
正直700万もかけなくても簡単に測定できそう。

UV光のパワーがどの程度必要かわからないけど、
浜松ホトニクスのUV LEDなら30万くらいで購入できるし、

分光器も浜松ホトニクスが小型のものを出しているのでそれを買えばいい。

次に天然と合成の見分け方。

窒素が含まれているかどうかで判断しているので、

ダイヤモンド作製時に炭素ガスと同時に窒素ガスを吹き付ければ
窒素が入ったダイヤモンドもつけれそう。

もちろん、簡単ではないと思うけど、難しくはなさそう。
いつか窒素で判断できる時代が終わりそう。
ちなみにダイヤモンド窒素-空孔中心(NVセンター)という
ダイヤモンドの炭素の位置に窒素が入って、
その窒素の隣の炭素が空孔になっている
ことを利用した研究がある。wikiにもあるくらい有名。

最後に、ダイヤを人生で買うのは1度くらいだけど、

そのときまでに1/100くらいにダイヤモンドの価格が落ちていたら面白い。

給料の3ヶ月分買ったら、どんなに大きいダイヤが買えるのだろうか。

大学で初めての非常勤講師を終えて

イントロ
2018年9月に博士号を取得し、10月からPDとして働くことになった。

そのとき、タイミングよく (?)
先輩が他の大学でポストをとり、移動することになった。

そして、その先輩が担当していた授業を代わりに受け持つことに。

担当した授業は学部生の実験で、週に2コマ。
レポートの採点も終わったので、

半年間、非常勤講師をやってみて思ったことを書いてみる。
 
やってみて良かった点

  • 教育歴として履歴書に書ける

JREC-IN Portalでアカデミックポストの公募を見てみると、教育歴の欄がある。

教育歴があるとどの程度有利になるのかわからないけど、何もないよりはましか。
 

  • お金がもらえる

当然っちゃ当然だが、PDの給料にプラスされて非常勤講師としても給料ももらえる。

給料は1分、100円だったので、1コマ90分で9000円。

高いか安いかはよくわからない。
それでも多少は足しになるので、助かる。
 

  • 教員の気持ちがわかる

色んな学生がいて大変だった。
授業が始まった瞬間に、
「何時に終わりますか?」とよくそんなことを聞けるなと思う学生もいれば、
授業後に研究室まで質問にくる学生もいた。

今思えば、自分も学生のときはあまり真面目ではなかったので、
教員に迷惑かけていたかもしれない。
ごめんなさい。

 
悪かった点

  • 給料は高くないと思う

労働時間として計算されているのは、授業時間だけなので、
レポート採点の時間も予備実験の時間も含まれていない。

特に、実験に関しては、先輩から引き継ぐ時間がなかったので、

実験に必要なものがなかったり、装置を使うのにコツが必要だったりと結構苦労した。

ただし、テキストや授業方針は完全に引き継いでいたので、
そこに時間はかかっていない。

ゼロから授業を立ち上げる場合は本当に割に合わないと思う。
 

  • 長期の出張に行けない

PDは業績を稼ぐために、
積極的に学会に行くべきだが、授業があるとなかなか行けない。

授業を休めるかもしれないが、せいぜい1度だろう。

今回、海外で実験をする話が来たが、授業を休めず延期になった。
 

まとめ
いい経験になると思うので、1度くらい非常勤講師をやってもいいのかもしれない。

JREC-IN Portalに非常勤講師の募集もあるので、確認しておくといい。

ただし、前もって参加したい学会などを調査して、
どっちが優先か考えてからの方がいい。